スチブたちの沈黙

映画感想、スチールブックのブログです

世界の名映画おすすめ作品

f:id:maakun1:20170607174357j:plain

自分が見るのはアメリカ映画多いですが、いろんな国の映画も見るの楽しいです。というわけで、私が観た世界の名映画おすすめ作品です。

ラン・ローラ・ラン
Run Lola Run
監督トム・ティクバ
1998年ドイツ映画
感想:
「もしあのとき違う決断をしていればどうなっただろう」をテーマにした映画。同じシーンが何度も出てくるが微妙に違う。色んな映像テクニックが使われていて面白い。こういった個性的な作品つくる監督が大好き。


シティ・オブ・ゴッド
City of God

監督フェルナンド・メイレレス
2002年ブラジル映画
【感想】
評価がめっちゃ高い映画。IMDb(俺のよく使う映画サイト)のTop30にずっと入ってる。複数のエピソードが絡み合って一つの映画になるという手法はパルプフィクションみたい。リアルで過激なシーンの連続。予想のつかない壮絶ストーリー。まさに神映画。


パラダイス・ナウ
監督ハニ・アブ・アサド
2005年 フランス・ドイツ・オランダ・パレスチナ合作映画
【感想】
自爆テロが題材だがユーモラスなシーンもあって楽しめる。少し考えさせられる映画

アメリ
Le fabuleux destin d'Amélie Poulain
監督ジャン=ピエール・ジュネ
2001年フランス映画
【感想】
この映画みると幸せな気分になれますね。いたずら好きのアメリのキャラってちょっとMr.ビーン似てる。編集が大変うまく出来てる作品でまるでCM集みてるような感じ。どうやったらこんな素晴らしい映画が作れるんだ!


ロゼッタ
Rosetta
監督リュック・ダルデンヌ
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
1999年ベルギー・フランス合作
【感想】
働く女の子の話。手持ちカメラで撮った映像でリアリティーが伝わってくる。オデコで卵割るのか(笑)


アモーレス・ペロス
Amores Perros
監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
1999年メキシコ映画
【感想」
3部構成になっている情熱的な人間ドラマ。ガルシアカッコいい。