スチブたちの沈黙

映画感想、スチールブックのブログです

ジョン・ウィックのキルカウントを他の殺し屋と比較してみた

f:id:maakun1:20170526094025j:plain

コラテラルトム・クルーズ Kill Count 15
監督マイケル・マン 2004年アメリカ
トム・クルーズが最高の演技を見せます。ナイトクラブでの撃ち合いがとにかく圧巻。トムの動きが早い!カッコいい!

 

ザ・コンサルタントベン・アフレック Kill Count 28
監督ギャビン・オコナー 2016年アメリカ
会計士ベン・アフレック。本業:殺し屋。スナイピングが得意。アクション物かと思ったら硬派な犯罪スリラーでした。予想よりはるかに面白かった。

 

レオン:ジャン・レノ Kill Count 30
監督リュック・ベッソン 1994年フランス・アメリカ合作
男女問わず大人気の作品。ベッソンの代表作。この映画を特別なものにしているのはやはりマチルダの存在だと思う。終盤、アパート内でのアクションシーンがスタイリッシュで見応えがあって鳥肌が立つ。

 

ジョン・ウィックキアヌ・リーブス Kill Count 76
監督チャド・スタエルスキ 2014年アメリカ
銃とカンフーを組み合わせて「ガンフー」ってか(笑)。まるでダンスをするように殺しまくる銃殺シーンの連続。キアヌは相当銃のトレイニングしたらしい。ちなみ、監督はマトリックスでキアヌのスタントやってた方らしいです。

やっぱジョンウィック半端ないですね。

ジョン・ウィック(期間限定価格版)【Blu-ray】 [ キアヌ・リーブス ]

価格:2,653円
(2017/9/18 17:20時点)
感想(0件)